高知県の農業



高知県は、四国南部を占め、北に四国山脈をいただきに南に太平洋をひかえた扇状の地形をなし、その面積は四国の38%に及ぶ広大な地域を占めています。そして、その県土面積の84%を林野が占め、中山間地域の割合は95%にも達しています。
 一方、年平均気温16.7℃、年間降水量2,590mm、年間日照2,128時間という夏季高温多雨、冬季温暖多照の気象は、このうえない天恵として農業発展の要因をなしています。
 このような立地・自然的条件のもとで、農業については、水稲・野菜・果実・畜産物等の生産が行われ、総合食料供給基地としての役割を担ってきており、なかでも狭隘な耕地を集約的に利用する生産効率の高い施設園芸は、高知県農業の基幹部門としての地位を着実に固めて、全国に有数の園芸産地となっています。

野菜園芸

耕地面積の少ない高知県では、冬季の温暖・多照な気候を利用して古くから野菜の早出し栽培に取り組み、昭和30年代以降にはビニールハウスの急速な普及により、施設栽培を中心とした野菜園芸が定着し、堅実な発展をとげています。

平成20年の県下の野菜作付け面積は4,910haで、野菜の粗生産額は606億円(農業粗生産額1,026億円の59%)となっており、野菜園芸は高知県農業の柱となっています。

野菜園芸の中心である施設野菜は、海岸線に沿う平坦温暖部に産地が形成されており、なかでも安芸市を中心とした県東部や高知市・土佐市・須崎市など中西部では、なす・きゅうり・ピーマン・ミョウガ等を基幹品目とした大型産地が分布しています。

 一方、露地野菜は、香美市・南国市を中心とした県中央部、四万十町・宿毛市など西部の水田地帯を中心に、早掘かんしょ・青ねぎ・しょうが・ブロッコリー・オクラなど地域の特性を活かした栽培が行われ、これらは地域の重要な作目となっています。

 また、県西部の北幡地域や、梼原町など津野山地域、県中北部の嶺北地域などの中山間地帯では、雨よけ施設の導入を契機に夏秋期の米なす・小ナス・ししとうなどの栽培が行われています。

※数値は平成20年度農業産出額(農業地域・都道府県別)、平成20年農作物作付(栽培)延べ面積及び耕地利用率

花き園芸

花きの平成20年度作付面積は512ha(切り花512ha、鉢物・花壇用苗物は未公表)であり、その生産額は約59億円です。ユリ類(オリエンタル系ユリ、テッポウユリ、アジアティック系ユリ等)やグロリオサを中心とする球根切り花類、トルコギキョウ、ソリダスター、シュッコンカスミソウ等施設切り花と洋ランを主体とする鉢物類が主要品目として生産されています。

主な生産地は、東部の安芸市から西部の黒潮町にかけて海岸線に沿った平坦部を中心に形成されており、多日照という有利な条件を利用した冬季出荷を主体とする生産が盛んです。また、中山間地域において、立地条件を活かした独自の花き産地形成へ取り組みがされています。

 花きを取り巻く情勢は、景気低迷による消費の変化と安価な輸入切り花の増加による価格低迷、市場の統廃合や卸売市場法の改正などに伴って大きく変化しており、産地では販売体制の再構築が求められています。さらに、生産現場では重油価格変動による経営へ、の影響生産者の高齢化など大きな課題が生じています。
 高知県の花き生産も厳しい状況が続いておりますが、収益性の高い園芸農業をめざした高品質な花き生産や、オリジナル品種の振興によるブランド化など様々な取り組みが進められています。

果樹園芸

平成20年度における本県果樹の粗生産額は、約98億円と前年比約7.5%の増加となりました。

 高知県のみかん栽培は、昭和48年の3,390haをピークにみかん以外のかんきつ類やその他果樹への転換が進められ、現在は347haとなっており、また、平成13年から隔年結果を是正するために、国で新たな需給調整対策が始まり特別摘果などを実施しています。さらに、マルチ栽培による高品質生産への取り組みが進んでいます。ハウスみかんは主要産地である香南地区を中心に規模拡大が図られ、平成11年まで増加傾向にありましたが、最近の石油高騰等により「不知火」や「せとか」などへ品目転換が進み、平成21年度は30ha、生産量1,760tと減少しています。現在は消費者ニーズに対応するため、糖度センサー付きの選果機を導入し、付加価値を高めた販売に取り組んでいます。
 
 その他のかんきつ類では、土佐市・宿毛市を主産地とする土佐文旦は、昭和60年以降植栽が進み、この10年間で栽培面積は1.1倍、生産量は1.3倍と増加してきましたが、消費の低迷や高齢化などにより、平成16年をピークに、最近はやや減少に転じています。平成21年度から、高知県特産果実振興対策事業により、マルチ栽培が2.5ha導入されるなど、高品質化への取り組みが進んでいます。

高知県の農業 | 高知県農業協同組合中央会

 また、中山間地域の主要品目であるゆずは、本県生産量は全国の44%(平成19年産)を占めており、この10年間で栽培面積は1.3倍、生産量はそれ以上に伸びています。特に、ゆずの加工品の開発及び販売が順調であったここ数年は、県内での新植が20〜30haのペースで進んでいます。

  主な落葉果樹類は、なし・かき・ぶどう等で、このうち本県特産品である新高梨は、平成21年の栽培面積84ha、生産量1,754tで全国でも有数の産地を形成しています。

※数値は中国四国農政局高知農政事務所及び平成21年度農業振興センター調べ(推定値)

高知県農業協同組合中央会[]
〒780-8511高知県高知市北御座2-27
JA高知ビル6F
tel088-802-8030fax088-804-3180
Copyright(C)2017ja-kochi.jpAll Rights Reserved.