高知県農業協同組合中央会 会長 久岡 隆

ご 挨 拶

平素はJAグループ高知および本会事業にご理解、ご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。

JA高知中央会は、農業協同組合法に基づいて昭和29年に設立された、本県JAグループ全体を代表する総合指導機関です。県内のJA・連合会を会員としており、その役割は、本会定款で「農業協同組合及び農業協同組合連合会の健全な発展を図ること」と定めています。

この役割を果たすため、本会ではこれら会員の組織・事業・経営の指導、監査、教育研修などの事業活動を行うほか、行政庁への建議を行う機能を持っています。

こうした活動を通じて、高知県の農業を発展させ、消費者の皆様に新鮮で安全・安心な農畜産物を提供するとともに、農業が豊かな食や地域を支え、また消費者の皆様からのご理解、ご支持が地域農業を発展させていく、そうした食と農との強い結びつきを創りだすことを目指しております。

今後とも、JAグループ高知一体となって、農業振興と地域社会への貢献に取り組んでいく所存でございますので、皆様のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

Japan Agricultural Co‐operatives

JAとは、「ジャパン ・アグリカルチュラル・ コープラティブス」(日本農業協同組合)の略で、皆様にわかりやすい愛称として1992年4月から使用しています。 
 JAは、農業に取り組んでいる人たちと、地域の人々が「組合員」となった組織で、次のことをめざしています。

◆国民皆の食料が、いつも不足することなく生産されていること。
◆農業とともに、自然環境を守り育てること。
◆農業をはじめとする地域の産業が盛んになり、皆の暮らしが豊かになること。
◆地域全体が希望にあふれ、明るくなり、地域の文化がつくられていくこと

 JA(農業協同組合)は、組合員農家の農業経営と生活を守り、より良い地域社会を築くことを目的としてつくられた協同組合です。この目的のためにJAは、組合員の農業経営・技術指導や生活についてのアドバイスを行うほか、生産資材や生活に必要な資材の共同購入を行ったり、農産物を共同で販売したり、農業生産や生活に必要な共同利用施設の設置などを行っています。また、貯金の受入れや融資を行う信用事業や万一の場合に備える共済事業など、さまざまな事業や活動を行っています。

JA大会(第32回)

次代へつなぐ協同
〜協同組合の力で農業と地域を豊かに〜

 JAグループ高知は平成24年11月27日、高知市文化プラザかるぽーとで第32回高知県JA大会を開催いたしました。

 この大会は、JAグループ高知の取り組みの基本方向を示すとともに向こう3年間の主要な取り組みを決定するものです。県内JA・県連役職員、JA女性部・JA青壮年部のメンバー、県内協同組合組織代表者、関係行政機関役職員など約600人が参加し、大会議案を採択しました。

 今大会では、「次代へつなぐ協同」をテーマに「持続可能な農業の実現」など今後3年間で実践する取り組みを決議しました。議案では、次世代対応を行い、支所を拠点としたJAの総合機能の発揮により、組合員の期待に応えるための4つの戦略を決定しました。

  〇続可能な農業の実現に向けた「地域農業戦略」
 ◆)かで暮らしやすい地域社会の実現に向けた「地域くらし戦略」
  安定的な経営確保に向けた組織全体にかかる「JA基盤戦略」
 ぁ´ 銑を支える「広報戦略」

 
また、JA合併構想を研究、深化させるための「県域1JA構想の研究」と「南海大地震対策」としてBCP(事業継続計画)策定に取り組むことも決議しました。

 その他、環太平洋連携協定(TPP)交渉参加に反対する特別決議も採択しました。

JA大会(第31回)

大転換期における新たな共同の創造
〜農業の復権・地域の活性化・JA経営の変革〜

JAグループ高知は平成21年11月20日、高知市の高新RKCホールで第31回高知県大会を開催いたしました。

 この大会は、JAグループ高知の取り組みの基本方向を示すとともに向こう3年間の主要な取り組みを決定するものです。大会には、県内JA・県連役職員、JA女性協・JA青壮年部のメンバー、県内協同組合組織代表者、関係行政機関役職員など約550人が参加、議案審議、意見表明が行われ、大会議案を採択しました。 

 今大会では、「大転換期における新たな協同の創造」をテーマとし、「10年後の農業像」と「JAグループ高知がめざす農業協同組合の将来ビジョン」の実現のための議案を採択しました。今後は議案の柱である’清箸良権地域の活性化JA経営の変革の3つの基本方向をもとに具体的戦略を策定し、ビジョンの実現を目指していきます。
 さらにそれら3つに共通した取り組みとして、JAグループの役職員・組合員、地域住民が一体となって環境保全を行っていくための「環境保全宣言」が決議されました。これを受けて、役職員の職場や家庭での取り組みを強化するとともに、組合員や地域住民が行う環境保全活動を積極的に支援していきます。

第30回JA大会 −平成18年11月17日

食と農を結ぶ活力あるJAづくり
〜「農」と「共生」の世紀を実現するために〜

JAグループ高知は平成18年11月17日、高知市のJA高知ビルで第30回高知県大会を開催いたしました。
 
 大会には、県内JA・県連役職員、JA女性協・JA青壮年部のメンバー、県内協同組合組織代表者、関係行政機関役職員など約350人が参加、議案審議、意見表明が行われ、大会議案を採択しました。この大会は、JAグループ高知の取り組みの基本方向を示すとともに向こう3年間の主要な取り組みを決定するものです。
 
 今大会は、「食と農を結ぶ活力あるJAづくり〜「農」と「共生」の世紀を実現するために〜」をテーマとし、信頼・改革・貢献を基本姿勢として、食と農を結ぶ活力あるJAづくりをめざします。

高知県農業協同組合中央会[]
〒780-8511高知県高知市北御座2-27
JA高知ビル6F
tel088-802-8030fax088-804-3180
Copyright(C)2017ja-kochi.jpAll Rights Reserved.