JA大会(第30回)

第30回JA大会 −平成18年11月17日

食と農を結ぶ活力あるJAづくり
〜「農」と「共生」の世紀を実現するために〜

JAグループ高知は平成18年11月17日、高知市のJA高知ビルで第30回高知県大会を開催いたしました。
 
 大会には、県内JA・県連役職員、JA女性協・JA青壮年部のメンバー、県内協同組合組織代表者、関係行政機関役職員など約350人が参加、議案審議、意見表明が行われ、大会議案を採択しました。この大会は、JAグループ高知の取り組みの基本方向を示すとともに向こう3年間の主要な取り組みを決定するものです。
 
 今大会は、「食と農を結ぶ活力あるJAづくり〜「農」と「共生」の世紀を実現するために〜」をテーマとし、信頼・改革・貢献を基本姿勢として、食と農を結ぶ活力あるJAづくりをめざします。

 JAグループが将来とも農業・農村において最も信頼され、組合員をはじめとする利用者・地域住民・消費者から第一に選ばれることを目指し、大会議案では|瓦ぜ蟶遒蝓支援を軸とした地域農業振興を安全・安心な農畜産物の提供、安心して暮らせる豊かな地域社会の実現と地域への貢献、A塙膂加入の促進と組合員組織の活性化などの組織・事業基盤づくり、ざチ萠呂△觧業の展開と万全な経営の確立、の4つの重点事項をJAグループが到達・実現したいと考える姿(ビジョン)に掲げました。今後、その実現を目指した取り組みを展開していきます。

第1の柱:担い手作り・支援を軸とした地域農業振興と安全・安心な畜産物の提供

 農業者の所得向上を図り、地域農業を支え、安全・安心な農畜産物を消費者に提供するため、地域農業の将来ビジョンを明らかにした上で、地域実態にあった多様な担い手育成や、集落営農の組織化、担い手への事業対応など、地域農業の担い手づくり・担い手支援の体制を強化し、その役割を果たすことにより、地域の農業者のニーズと期待、安全・安心な農畜産物にないする農畜産物に対する消費者のニーズと期待に応えます。

高知県農業協同組合中央会[]
〒780-8511高知県高知市北御座2-27
JA高知ビル6F
tel088-802-8030fax088-804-3180
Copyright(C)2018ja-kochi.jpAll Rights Reserved.