JAの組織

Japan Agricultural Co‐operatives

JAとは、「ジャパン ・アグリカルチュラル・ コープラティブス」(日本農業協同組合)の略で、皆様にわかりやすい愛称として1992年4月から使用しています。 
 JAは、農業に取り組んでいる人たちと、地域の人々が「組合員」となった組織で、次のことをめざしています。

◆国民皆の食料が、いつも不足することなく生産されていること。
◆農業とともに、自然環境を守り育てること。
◆農業をはじめとする地域の産業が盛んになり、皆の暮らしが豊かになること。
◆地域全体が希望にあふれ、明るくなり、地域の文化がつくられていくこと

 JA(農業協同組合)は、組合員農家の農業経営と生活を守り、より良い地域社会を築くことを目的としてつくられた協同組合です。この目的のためにJAは、組合員の農業経営・技術指導や生活についてのアドバイスを行うほか、生産資材や生活に必要な資材の共同購入を行ったり、農産物を共同で販売したり、農業生産や生活に必要な共同利用施設の設置などを行っています。また、貯金の受入れや融資を行う信用事業や万一の場合に備える共済事業など、さまざまな事業や活動を行っています。

主な事業活動

【指導事業】
機ケ椎戚未龍同活動に伴う指導事業である「営農指導事業」
供ダ験萍未龍同活動に伴う指導事業である「生活指導事業」
 1.営農企画活動、2.指導・相談・情報提供活動、3.組合員組織の育成活動
 4.営農関係施設の設置・運営の企画活動

【販売事業】
 販売事業とは、「農産物の共同販売活動」であり、農家の農業生産物を有利に販売する協同活動
 1.米殻販売、2.青果物販売、3.畜産物販売

【購買事業】
 購買事業とは、「組合員の共同購買活動」であり、組合員が農業生産および消費生活に必要な資材について、期待する品質のものを、有利な価格で購入する協同活動
 1.生産資材購買、2.生活資材購買

【信用事業】
 信用事業とは、組合員の暮らしに必要な資金を円滑に、しかも有利に蓄積・融通する協同活動(資金面の協同活動)
 1.貯金業務、2.貸出業務、3.為替業務

【共済事業】
 共済事業とは、組合員の「くらしの相互保障活動」であり、組合員が個人や家族だけでは効果的に対応できない、くらしに生じる不時の災害と、組合員および家族の老齢化や家屋の老朽化などについて損害を補填し、長期的にくらしの安定を図る協同活動(生活面の協同活動)
 1.長期共済、2.短期共済

【厚生事業】
 厚生事業とは、「組合員の健康の維持・増進の協同活動であり、組合員が自己と家族の健康を効果的に維持・増進するために展開する協同活動
 1.治療活動、2.予防活動

【利用事業】
 利用事業とは、「組合員の共同施設の利用活動」であり、組合員が個人では効果的に保有できない施設を共同で設置し、利用する協同活動
 1.農業生産共同利用施設の利用活動
 2.生活関係共同利用施設の利用活動

主として個人が組合員になっているのがJAで、そのJAが会員となっているのがJA連合会です。連合会には、都道府県を事業区域とするものと、全国を事業区域とするものがあります。またJA中央会は、JAとその連合会の健全な発展を図ることを目的とし、JA・連合会を会員として都道府県と全国の各段階にある組織です。

 下の図表は、高知県のJA・連合会を組織図に表したものです。
こうした、JA・連合会・中央会・関係会社などの、JAの事業・活動に関連する組織を総称してJAグループ(高知)と呼んでいます。

JAグループ高知の組織図

高知県農業協同組合中央会[]
〒780-8511高知県高知市北御座2-27
JA高知ビル6F
tel088-802-8030fax088-804-3180
Copyright(C)2018ja-kochi.jpAll Rights Reserved.