農業振興に向けて 県知事などに要請

農業振興に向けて 県知事などに要請

 高知県農協農政会議とJA高知中央会の代表ら8人は9月9日、県庁で尾正直県知事、三石文隆県議会議長、弘田兼一商工農林水産委員長に、2016年度の農業振興に関する要請書を手渡しました。農家・JAの意見を代表し、施設園芸対策や水田農業対策、農政課題など8項目について要請し、現場からの希望が強い農業政策の実現や環太平洋連携協定(TPP)問題などで支援を求めました。
 同会議は、農家・JAからの地域課題をとりまとめ農家所得の向上、農業生産力の維持・拡大などに向け、政策提案活動などを行っています。
 要請では、特に重点課題として環境制御技術の導入に向けた支援や米価下落対策、TPP交渉の国会決議の順守を求めました。
 尾知事は「家族経営の応援を基本に、環境制御技術や次世代型ハウスなどの新たな取組にもチャレンジしていけるよう支援する。米価下落対策、TPP交渉問題についてもしっかりと対応していく」と回答しました。
 この他、燃油価格高騰緊急対策の恒久化や総合的病害虫・雑草管理(IPM)技術の普及推進、養液栽培における循環式養液栽培装置の導入支援などを要請しました。

写真=尾知事蕕僕彑曾颪鯑匹濔紊欧襦県農協農政会議会長のJA土佐れいほく・西村行雄組合長(9月9日、高知市で)

高知県農業協同組合中央会[]
〒780-8511高知県高知市北御座2-27
JA高知ビル6F
tel088-802-8030fax088-804-3180
Copyright(C)2018ja-kochi.jpAll Rights Reserved.