第33回高知県JA大会を開催

『食と農を基軸とした地域から信頼されるJAづくり』を目指して

第33回高知県JA大会を開催

 JAグループ高知は11月17日、高知市で第33回高知県JA大会を開き、県内のJA・連合会や組合員組織、関係機関などから約550人が参加しました。
 大会では、農業振興や組合員の生活向上を目指すJAグループ高知の今後3年間の方針を定めた議案を決定しました。自己改革を着実に進めるため「農業者の所得増大・農業生産の拡大」「地域の活性化」を重点実施分野と位置付け、さらに2つの分野を下支えする取組として、組合員組織の活性化や組合員の意思反映・人材育成・情報発信の強化、JAの健全経営の確保などを掲げました。
 また、決議の実践期間は、JAグループ高知が最重要事項として掲げる県域1JA構想実現までの期間と重なっており、1JA統合に向けた準備を進める計画です。
 JA高知中央会の久岡隆会長は「JAグループがこれまで経験したことのない大転換期での大会であり、組織の結集力を徹底して発揮していく必要がある」と強調しました。
 この他、TPP対策運動の継続・強化に関する特別決議を採択しました。

高知県農業協同組合中央会[]
〒780-8511高知県高知市北御座2-27
JA高知ビル6F
tel088-802-8030fax088-804-3180
Copyright(C)2018ja-kochi.jpAll Rights Reserved.